サイト内検索はこちら

【家庭用蓄電池】今ならテスラ家庭用蓄電池が必要な理由

f:id:a19830429:20200302122620j:plain

テスラの蓄電池99万円(税抜)+工事費

 蓄電池がほしいな~でも高いし元とることはできないんだよね~とお思いのあなた!

 

 実はテスラ製の蓄電池なら10年で元が取れるかもしれません。

 

 なんといっても特徴は価格バッテリー容量です。

 

 価格は税抜き価格が99万円、そして容量は13.5kwhです。

 

 日本で現在販売されている蓄電池は大きい容量のもので10kwh程度となりますが価格が150~200万円以上(設置まで含めて)かかります。

 

 しかしテスラであれば設置まで入れても120~130万円程度で導入が可能なのです。

 

 夜間電力(12円)を使えば電気代は現在の半分以下に抑えることだって可能となるかもしれません。

 

 すっごいお得ではないでしょうか?

 

 私は現金があれば喉から手が出るほど欲しいです。(現在はソーシャルレンディングに100万円投資してしまったために余剰資金がありません)

 

 我が家では冬季は特に電気代が高く月々20000~22000円程度です。夜間はエコキュートやエアコンなど深夜に使えるものは使ってもこの料金です。

 

 蓄電池を導入すれば毎月の電気代はかなり抑えられると考えます。

シミュレーション

 我が家の電気代付き19800円(冬季)

ちなみに内訳は・・・電化上手契約です

基本料金1320円

昼間料金6787円(210kwh)

朝晩料金7178円(271kwh)

夜間料金5091円(408kwh)

燃料費調整‐1938円

再エネ賦課金2622円

全電化・機器割引‐1260円

です。

 

 夜間電力は昼間の2倍の電気を使いながら料金は安いという事でこの夜間電力を高い昼間にも使おうという作戦です。

 

 ざっくり単純に全て深夜電力で賄ったとしたら10668円(889kwh)で済む計算になります( ゚Д゚)スゲーです!

 

※ちなみに環境省HPによりますと一般家庭の一日の電気使用量は平均366kwhという試算です。それを30日で割ると12.2kwhとなります。ということは夜間電力を除けば十分昼間の電力もテスラ蓄電池で賄えるということが分かります。

www.env.go.jp

 年間で12万円やすくなるとこれまた単純に考えますとおよそ工事費を含めた総額が130万円と仮定すると約10.8年で回収できることになりそうです。

 

 そうすると11年目からは毎年12万円もしくは電気料金の高騰が続いていれば更にお得に使用できるという事になります。

設置場所

 地面に基礎を用いて設置か壁面に取り付けるか選択するようです。それによっても価格は多少変動します。

f:id:a19830429:20200302122728j:plain

我が家壁面はパワコン祭りとなっています

まとめ

  • ほとんどの電力を夜間電力を貯めて使用するならばかなりお得である(元が取れる)
  • 設置費込みで高くても130万円以内で13.5kwhの蓄電池が手に入る
  • 有事の際にも電気が使えて安心(当たり前だが)
  • 一日の電気使用量のほとんどが夜間電力で賄える
  • 10年ちょっとで元が取れる(その後は毎年12万円以上お得に)
※使用から10年超えた場合は高額な故障時に備えて火災保険に機械的電気的事故特約を付けておき無料修理が出来る体制を整えておくと更に安心です(そんなに高くはなりません)
 
機械的電気的事故特約については以下記事にて紹介しております

               ↓↓↓↓コチラ↓↓↓↓ 

www.mountain10.com

 以上本日は家庭用蓄電池がいよいよ本格的に導入に期待が持ているようになったという記事をご紹介いたしました。

 

 あ~家も欲しいなぁ~(*´з`)

 

 本日もmountains cafe ご来店ありがとうございました☆彡