【太陽光初心者の方へ】価格が安い太陽光でも手残りは同じ!?な件

f:id:a19830429:20200831213220p:plain

皆様こんにちはmountainです。

 

タイトルにもある通りですが価格が高い太陽光発電所の方が沢山儲かる(単純な話ですが・・・)と思っておりませんか?

 

たしかに20年間もしくは30年間トータルで見た場合には確かに儲けは大きいかもしれません。

 

というか多いと思います。

 

なんせ投資額が多いんですからね(*´з`)しかし15年間支払いをしている期間はとても長いです。

 

その間ほとんど分譲太陽光では手残りは多くはありません。

 

せいぜい10~20万円くらいです。

 

先端設備や銀行融資で有利な条件で融資を引くことが出来れば結果は変わるかもしれませんが分譲を信販で購入するとそんなに利益(手残り)はでません。

 

所得は増えるのに実際の生活は全く良くなるどころか自然災害などで太陽光に被害が出ないか心配の種が増えるばかりになりかねません。

 

そしてよく考えてみてください。

 

15年かけて支払いが終えるとあなたは何歳になっていますか。

 

私は37歳ですが自宅兼太陽光発電所(36円案件)は2014年(31歳)に建設していますので20年経つのは私が51歳になったころです。

 

あなたにとって一番お金が必要な時っていつですか?私はです。

 

37歳っていう年齢は自分の中で人生で一番楽しんでいて心身ともに充実している期間だと感じます。

 

仕事も比較的覚えて周りが良く見えるようになり責任もそれなりにあります。

 

しかし子どもたちも段々と大きくなり大人のいう事が少しずつ理解できるようになってきました。

 

そしてなんといっても37歳であれば健康に気を付けていることもありますがまだ病気の心配もありません。

 

心から楽しむなら今なのです。

 

ですから20代前半で融資を引いて太陽光を始めている方を見るとものすごくうらやましいです。

 

そのような方はぜひ残りの人生を楽しんでください(^^)/

 

ということで長くなりましたが本日のmountains cafeは【今】使える現金を残すには値段が高ければ良いわけではないですよ~というテーマでお送りいたします(^^)/

お家のドクターに問い合わせてみる↓↓↓↓

お家のドクターに問い合わせてみる↑↑↑↑

 

www.mountain10.com

 

 ただ高いだけの発電所を多く持つのはメリット?デメリット?

皆さん発電所いくらすると思いますか?

 

高いものですと2000~3000万円ほどしますよね。

 

それで利回りが10%ですと仮に土地代含めたフルローンですと手残りは15年返済ですとほとんど残らないのではないでしょうか。

 

先端設備導入等計画を使えば始めの3年間は利益が(手残り)出るでしょうが4年目からは固定資産税は普通に20万円以上することがほとんどではないかと思います。

 

それだけ固定資産税は高いのですね。

 

意外と初心者の方は盲点ですのでしっかりと考えておいてくださいね。

 

一方信販利用で20年返済というものが最近増えてきております。

 

実際私も20年ローンで信販ローンを審査中の身なのですがこれなら私の計算で仮に土地代含めたフルローンでも2万円程度手残りがありそうです。

 

むむむこれなら可能性が出てきそうだが・・・

20年ローンは魅力だが頭金を少し入れてあげると・・・

f:id:a19830429:20200831213648j:plain

これが14円案件1200万円発電所



これ少し考えるとわかることなのですが仮に2500万円で10%利回りの発電所1200万円だけど利回り10%の発電所があるとします。

 

2500万円の発電所は年間売電額が220~240万円くらいあるとします。

 

1200万円の発電所は110万円くらい売電収入があります。

 

どちらも利回りは変わらないため収入と支出は比例して高くなります。

 

しかし手残りに関してはどちらの発電所もほとんど変わらないのです。

 

2500万発電所の場合(20年ローン、利率2.5%程度)年間収入220万円とします。

 

年間支出が168万円とすると手残りは50万円程度になります。

 

一方1200万円発電所(同期間、同利率)では年間収入は110万円とします。

 

支出は73万円程度となります。

 

手残りは37万円になるのでやはり少し利益(手残り)は減りますね。

 

ただここで少し考え方を変えてみましょう。

頭金を150万円程度入れると・・・

ここで少し発想を変えてみましょう。

 

2500万円案件に対して150万円程度の土地代を入れたとしても毎月のキャッシュフローが劇的に改善するほどの効果はないですよね。

 

しかし1200万円案件であれば話は少し変わってくるのではないかと感じます。

 

単純に考えて2500万円の内の150万円と1200万円の内の150万円を頭金で出すことの違いはお分かりいただけると思います。

 

そうなんです2500万円の高嶺の花の発電所を無理して購入するよりは1200万円の程度の安価な発電所に頭金を1~2割入れてあげて購入するだけで毎月のキャッシュフローがすごく良くなるのです。

1200万円案件に170万円頭金として入れてみると

f:id:a19830429:20200831213944p:plain

20年信販ローン(利率2.5%程度と仮定)

 収入91000円

支出54000円

利益37000円

※パワコン電気代は始めに従量電灯工事をしてもらうためほとんどかからないと仮定

 37000円×12か月=44万円になります。

 

メンテナンスは私の場合は近隣の発電所を購入しているので自分で月一くらいで見回りに行くので紐付けになっていない案件を探しています。

 

最近はメンテ紐付け案件が多くなってきていますからね。

 

しかも高いんですメンテナンス代が(*´з`)

 

もちろん20年信販ローンですので普通の15年で信販をくんでいる発電所のように5年間のボーナスタイムはありませんが初期から毎年40万円以上の現金(手残り)を残してくれます。

 

これってすごいことですよね。

 

毎年1年目から20年間40万円以上稼いでくれるわけです。

 

まとめ

私は15年ローンで4つ(厳密には3つ)借り入れしているので毎月手残りはさほどありません(それでもミニクーパーと自宅の支払いは太陽光の収入で賄えていますが)

 

しかしここで5基目に20年ローン太陽光発電所を購入すると年間の手残りが44万円増えるので余剰資金が出来より生活が安定し、災害が起きたとしても心の余裕を持ったまま対応が出来ます。

 

そして今動いている案件が完工済み案件の為10月頃には引き渡しとなります。

 

そうすれば来年の4月には120万円程度の消費税還付金がありますのでより余裕資金が生まれます。

 

実際には消費税分が相殺などされ丸々120万円が返ってくるわけではありませんが効果としては120万円が返ってくる程のパワーだと考えています。

 

皆様も高い発電所ばかりが儲かるとは考えずにいくら値段が高くても利回りが同じであれば手残り(キャッシュフロー)は大して変わらないという事を頭の片隅に置いていただきたいと思います。

 

そこで安い発電所にちょっとばかしの頭金を入れて20年ローンで購入すると意外にも毎月の利益が3万円以上増えて今より少しリッチな生活につながるのではと思い記事をあげさせていただきました。

 

皆様もご参考の一助になれれば幸いです(^^♪

 

本日もmountains cafe最後までご覧いただきましてありがとうございました☆彡